2019年9月10日火曜日

判決期日(9月26日)のお知らせと傍聴のお願い

 2016年3月24日、国に対して個人番号の収集・利用停止などを求める訴えを横浜地裁に起こしました。それから3年半が経過、12回の期日を経て、いよいよ判決が下されようとしています。同趣旨の訴訟は全国8地裁で係争中ですが、最初の判決を受けることになります。それだけに横浜地裁の判決が他7訴訟に与える影響を考えると、裁判所がどのように判断するのか、極めて重要な局面を迎えようとしています。
 判決内容はマスコミも注目しており、当日は地裁前に報道陣が集まることが予想されます。世論喚起のためにも、この日は大人数で地裁を取り囲みたいと思います。原告の方だけでなく、関心のある方はぜひ横浜地裁に集まってください。

日時 9月26日(木)13:10
場所 横浜地裁・101号法廷
集合 12時までに荷物検査を済ませてお集まりください
★ご注意:裁判所の入口が日本大通り側(開港記念会館と反対側)のみになりました。また入口で「荷物検査」も行われることになりました。
(地図 google map)



★判決言い渡し後、報告集会と記者会見を波止場会館で開催します
(地図 google map)


(重要 当日ご参加の原告の方へ)
 もし敗訴した場合、高裁への控訴手続きを行います。一審のときのように控訴依頼書、控訴委任条(押印)、原告費用(2万円)、カンパが必要になりますので、印鑑と費用をお持ちください。控訴費用は一審よりも印紙代が高く、費用が高くなり躊躇されると思いますが、原告230人が一人も欠けることなく控訴したいと思っています。ご理解・ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

9/6(金)に署名の2次集約分を横浜地裁に提出しました

 同訴訟を全面的に支援し協力している神奈川県保険医協会では、8月23日から9月4日にかけて、「公正な判決を求める」ための署名を実施しました。その結果、2週間たらずで412筆を集約しました。また、8月29日以後に馬車道法律事務所に届けられた同署名が137筆ありました。
 これら計549筆を2次集約分として、9月6日に横浜地裁・第4民事部に提出してきました。




※署名の集約数は9月11日時点で2,587筆となります。

2019/8/29(木)①関内駅前・情宣行動、②横浜地裁への署名提出、③勝利判決をめざす集会―の報告

 9月26日の判決期日に向けて、マイナンバー違憲訴訟@神奈川・原告団は8月29日の午後から夜にかけて、①関内駅前・情宣行動、②横浜地裁への署名提出、③「勝利判決をめざす集会」の開催――に取り組みました。

 この間、原告団は横浜地裁に対し「公正な判決を求める」ための署名に取り組んできました。関内駅前・情宣行動には原告・代理人ら22名のが参加し、JR関内駅前を往来する市民の方々に、マイナンバー制度の問題点、プライバシー権を侵害する違憲性を訴えながら、最後の署名協力を呼びかけました。その結果、わずか1カ月足らずで2,038筆の署名を集約することができました(内訳:紙署名1,802筆、ネット署名236筆)。その足で横浜地裁移動し、第4民事部に署名を提出しました。

 同日夜には、横浜駅西口のかながわ県民センター・301号室で「勝利判決を目指す原告集会」を開催。原告・代理人ら50名が参集しました。
 はじめに、原告団代表の宮崎さんが最近のマイナンバーを巡る動きについて報告。6月に発表された政府「デジタルガバメント閣僚会議」の方針を受けて、総務省による公務員への半ば強制的なマイナンバーカード発行勧奨が始まり、政府は国民にいかにしてマイナンバーカードを持たせるか、画策してます。宮崎さんは、これまで通り「書かない番号、持たないカード」で制度の廃止をめざすことが重要だと強調しました。
 つぎに弁護団代表の小賀坂さんが提訴から3年半を回想し、相次ぐ漏洩事故による制度の安心・安全の崩壊、制度目的がプライバシー介入するだけの正当性を欠いている点などを指摘。原告の主張の正当性を再認識し、共有しました。また、数日前に本ブログを見た裁判所の事務方から「署名を提出しに来られるようだが、何名来られるのか」といった電話照会があったというエピソードが紹介されました。小賀坂さんは、横浜地裁もそれだけ判決に重圧が掛かっていることの証左だと強調した。
 続いて、弁護団の大野さんらから、東京高裁への控訴審の意義や手続きについて説明がありました。9月26日に判決がでますが、仮に敗訴した場合、控訴となります。控訴の手続きは判決書を受領してから2週間なので、原告の皆さんは迅速に対応していただく必要があります。控訴費用は一審よりも印紙代が高くなりますが、マイナンバー制度の違憲性を訴え続けるために、敗訴したときはまた原告230人で控訴できればと思っています。
 集会の最後には、判決期日(9月26日)の傍聴の呼びかけが行われました。





※署名の集約は8月29日以後も継続しており、神奈川県保険医協会や県労連などの団体が取り組んでいます。9月26日の判決期日前までに、2次集約分、3次集約分として、横浜地裁第4民事部に五月雨式に提出する予定ですので、最終集約数は改めてご報告します。

2019年8月26日月曜日

8/29(木)開催「勝利判決をめざす集会」のご案内

 2016年3月24日、マイナンバー(共通番号)制度は、プライバシー権を侵害するとして、原告201名(現在、第2次、3次合わせて230人が個人番号の収集・利用停止と削除を求めて提訴してから3年、今年6月20日に結審しました。判決は9月26日、全国8地裁における訴訟で最初の判決を受けることになります。3年間の取り組みを振り返りながら、個人情報を国が一元管理しようとする共通番号制度であることに危機感を抱いた市民がプライバシーを守るために訴訟に踏み切った思いを改めて再確認し、次へのステップにする集会にしたいと思います。勝利判決をめざして結集しましょう。私たちが勝利しても、国は控訴してきます。仮に不当判決を受けたら、このままで終わらせずに控訴したいと思います。控訴することの意義や意味などや手続きについても説明します。ぜひ、お集まりください。

日時:8月29日(木)午後6時30分~8時30分
会場:かながわ県民センター・301号室(横浜駅西口より徒歩5分)
集会メニュー:
 ●マイナンバーを巡る動き(情勢)
 ●地裁闘争の3年間を振り返る
 ●他の訴訟の状況について
 ●東京高裁への控訴の意義、手続きについて
 ●意見交換

(会場地図)



★情宣行動・署名提出行動(原告集会の前に実施します)
実施日時:8月29日(木)15:00 〜
集合場所:JR関内駅(南口)
・ 市役所前で署名&情宣行動を1時間ほど行います。
・16:00に横浜地裁へ移動し、署名を提出します。

2019年7月26日金曜日

≪お願い≫ 勝利判決をめざして、①署名へのご協力、②集会へのご参加―をお願いします!

 2016年3月24日、マイナンバー(共通番号)制度は、プライバシー権を侵害するとして、原告201名(現在、第2次、3次合わせて230人)が個人番号の収集・利用停止と削除を求めて提訴してから3年、12回の期日を通して、マイナンバー(共通番号)制度の危険性を様々な角度から指摘し、憲法13条が保障するプライバシー権や自己情報コントロール権の侵害性について訴えてきました。
 そして、6月20日に結審しました。判決は9月26日(木)、全国8地裁における訴訟で最初の判決を受けることになります。神奈川の結果が他7カ所の訴訟への影響を考えると、裁判所がどのように判断するか重要になってきます。
 そこで、裁判所に公正な判決を求めるため、署名で私たちの思いを届けたいと思います。提出までの期間が短くて申しわけありませんが、ご協力をお願いいたします。
 また、この3年間の取り組みを振り返りながら、プライバシーを守るために訴訟に踏み切った思いを改めて再確認し、勝利判決をめざして、原告集会を開催します。私たちが勝利しても、国は控訴してきます。仮に不当判決を受けたら、このままで終わらせずに控訴したいと思います。控訴することの意義や意味などや手続きについても説明します。ぜひ、お集まりください。

1.署名について
 原告の方にはすでに署名用紙を2枚同封して郵送しています。全部埋まらなくでも構いませんので、期日までにお送りください。また原告以外でご協力いただける方は、以下より署名用紙をダウンロードしていただき、ご活用いただきたいと存じます。署名欄が全て埋まっていなくても構いません。一人でも多くの署名を集めたいので、よろしくお願いいたします。

締切り8月27日(火)必着

↓署名用紙(pdfファイル)はこちら↓
「マイナンバー(共通番号)違憲訴訟について公正な判決を求めるための署名」

【署名集約先】※下記に郵送またはFAXでご返送ください
マイナンバー(共通番号)違憲訴訟神奈川原告団
〒231-0011 横浜市中区太田町4-55横浜馬車道ビル6階 馬車道法律事務所内
FAX:045-662-4831


2.8/29(木)原告集会、および情宣活動・署名提出行動
 8月29日(木)を、本訴訟の『活動集中日』と位置づけ、原告集会の開催、および情宣行動・署名提出行動を実施します。スケジュールは下記の通りです。すべての行動に参加できなくても構いません。集会だけの参加でも結構です。また、原告以外の方のご参加もお待ちしております。

★勝利判決をめざす集会(チラシ)
日時:8月29日(木)午後6時30分~8時30分
会場:かながわ県民センター・301号室
(横浜駅西口より徒歩5分・地図参照)


★情宣行動・署名提出行動(原告集会の前に実施します)
実施日時:8月29日(木)15:00 〜
集合場所:JR関内駅(南口)
・ 市役所前で署名&情宣行動を1時間ほど行います。
・16:00に横浜地裁へ移動し、署名を提出します。


判決日のご案内
 地裁最後です。傍聴券を発行できるように結集を呼びかけます。傍聴席を満席にし、また判決後、裁判所前で弁護団を大勢で出迎えるためにも傍聴への参加をお願いします。

日 時:2019年9月26日 (木)13時10分開廷
場 所:横浜地方裁判所・101号法廷
集 合:12時30分までにお集まりください。
※報告集会(裁判終了後)を波止場会館・5階多目的ホールで開催します。

第12回期日(2019.6.20)の概要報告

結審が宣言 判決は9/26(木)
 国に対してマイナンバー制度のプライバシー侵害等を訴える「マイナンバー(共通番号)違憲訴訟@神奈川」の第12回期日が6月20日、横浜地裁・101号法廷で行われ、結審が宣言されました。全国8地裁で係争中の同訴訟のうち、結審したのは神奈川訴訟が初めて。判決は9月26日(木)に言い渡されることとなりました。この件については、東京新聞、神奈川新聞、産経新聞などが報じています。

原告2名が最後の陳述 「マイナンバー制度への抵抗感強い」
 この日は原告・傍聴者など93名が参集しました。
 口頭弁論では、はじめに原告本人2名が意見陳述しました。税理士の益子良一さんは、SSN(ソーシャル・セキュリティ・ナンバー:社会保障番号)による「なりすまし被害」が頻発し、社会問題化しているアメリカの実態を例に、日本も同じ状況になる危険があると警鐘を鳴らしました。また、国税庁が今年の確定申告から電子申告(e-Tax)でID・パスワード方式を導入し、マイナンバーカードを不要としたことで、e-Taxでの申告が大幅に増加したことを紹介。同カードの利便性の無さ、ひいてはマイナンバー制度への抵抗感の強さの証左だと強調しました。労働組合の役員で元・労働局職員の住谷和典さんは、マイナンバーの厳格かつ煩雑な取り扱いによりハローワーク内で混乱が生じている実態を提示。制度目的の業務効率化に反するばかりが、現場では漏洩リスクや処罰への不安が増大していると訴えました。
 続いて原告代理人の小林弁護士が陳述。国税局や地方自治体の入力業務の委託業者が無断で再委託した件について、当該自治体に情報公開したところ、▽少なくとも230万人分のマイナンバーが漏洩、▽一部が海外で処理されていること、▽この重大問題に対し個人情報保護委員会が何らの対応策を打ち出していないこと―等が明らかになったと報告しました。その上で小林さんは、制度構造上の問題、漏洩の具体的危険は認めざるを得ないと強調しました。

どこを切り取っても制度の違憲性は明白 弁護団が熱弁
 次に、最終準備書面をもとに、4名の原告代理人が制度の問題や違憲性について総括的に陳述しました。
 小笠原弁護士は、情報化社会の中でプライバシーをどう考えるか、が問われている裁判だと指摘。司法が「自己情報コントロール権」の存在を明確に示すことが必要不可欠だと主張しました。
 竹本弁護士は制度目的の欠如を主張。民主党政権が提案した「給付付き税額控除」など、公正な給付と負担の確保を達成する施策の運用基盤であったはずが、自民党政権によってこれら施策が見送りに。国民のプライバシー介入を正当化するだけの目的論が何ら存在しないと強調しました。
 鈴木弁護士は制度のシステム上の不備について陳述。相次ぐ漏洩事故、個人情報保護委員会の機能不全など、安全管理措置が何ら機能しておらず、制度的な欠陥は明白だと主張しました。
 前述の三者の主張を踏まえ、小賀坂弁護士は住基ネット最高裁判決における違憲審査の方法にしたがって判断しても、マイナンバー制度の違憲性は明白だと強調しました。
 被告・国からの反対弁論はなく、裁判長より結審が宣言され、閉廷しました。終了後には報告集会が開催。裁判の報告の他、判決までの取り組みや、高裁を見据えた今後の展開等について意見交換がなされました。

報告集会(動画) 提供:JOURNAL ASIA


写真は報告集会の様子です